第5回流通4団体合同「流通BMS普及推進説明会」を開催いたしました。

2012年07月25日


第5回流通4団体合同「流通BMS普及推進説明会」を開催いたしました。

7月24日(火)、北海道で、第5回流通4団体合同「流通BMS普及推進説明会」を開催いたしました。

当日は、26社 48名様のご参加を頂きました。

ご参加頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。

当日の講演内容詳細は、後日当ホームページにアップさせて頂きます。

【講演概要】

     ■『シナリオ2020』
    -2020年のスーパーマーケット業界の展望と課題-

    <日本スーパーマーケット協会 専務理事 大塚 明>

     ■『流通BMS普及状況と今後の活用方法』
    -制定経緯、標準化の内容と効果、普及状況、今後の展望など-

    <一般財団法人 流通システム開発センター 流通システム標準普及推進協議会 事務局長 坂本 尚登 氏>

     ■『2012年流通BMSが全国で本格普及期に入る』
    -イオン様等の全国小売業導入状況と事例紹介(サミット様)-

    <日本スーパーマーケット協会 流通推進部 篠原 豊>

     ■『流通BMS導入メリットと将来の活用戦略』
    -流通BMSの早期稼働メリットと次世代EDI活用による卸・メーカーとの協力体制の深化-

    <株式会社ヤオコー 営業企画部 システム管理担当部長 神藤 信弘 氏>

     ■『流通BMS対応サービス【スマクラ】&流通業におけるモバイル端末活用案と事例のご紹介』

    <株式会社北海道CSK 第一事業部 事業部長 横町 考洋>